*

シーズン14(フォーティーン・シーズン)

公開日: : シーズン14

海外ドラマ「スーパーナチュラル」のシーズン14(フォーティーン・シーズン)について解説しています。

アメリカ合衆国の地上波テレビ・ネットワークである「CWテレビジョンネットワーク(The CW Television Network)」が、2018年4月2日(月曜日)に、シーズン14への更新を発表しました。

登場人物

サム・ウィンチェスター(Sam Winchester)- ジャレッド・パダレッキ (Jared Padalecki)

ディーン・ウィンチェスター(Dean Winchester)- ジェンセン・アクレス (Jensen Ackles)

カスティエル(Castiel)- ミーシャ・コリンズ(Misha Collins)

ジャック(Jack)- アレクサンダー・カルヴァート(Alexander Calvert)

メアリー・ウィンチェスター(Mary Winchester)- サマンサ・スミス(Samantha Smith)

ボビー・シンガー(Alternate Bobby Singer)- ジム・ビーヴァー(Jim Beaver)

その他は、2018年10月現在、未定となっています。

放送開始月

2018年10月11日(木曜日)午後8時より、米国にて放送開始。

放送終了月

2019年5月に放送を終了予定です。

撮影場所

シーズン14は、カナダのバンクーバーで行われています。シーズン前半の撮影は2018年7月に行われました。いくつかのエピソードは、パシフィック・セントラル駅の近くで撮影されました。撮影自体は、2019年3月29日(木曜日)に終了します。

全エピソード話数

全20話の構成となっています。今期より、エピソード数が減少しています。

補足:ジェンセン・アクレスがシーズン14でエピソードを指揮する予定はないが、後半に指揮する可能性がないとはいえない。

補足:ミカエルの器となったディーンですが、のちのエピソードで戻ってくるが、フラッシュバックにより、ミカエルの頃が記憶が戻る可能性がある。

補足:シーズン13で、異次元の世界から、メアリー・ウィンチェスターとボビー・シンガーが戻ったため、両者の間にロマンチックな関係が生まれる可能性がある。

補足:カスティエルは、力を失ったジャックの指導者となる可能性がある。力を失い、人間として生きていく方法を探る。いずれジャックの力を戻るが、戻るまでに時間がかかる。

補足:スーパーナチュラルシーズン13の第4話で、カスティエルが、死後に天使と悪魔が送られる場所で出会った宇宙のエンプティ(Empty)が再び登場する。

各エピソード

第1話「日題タイトル未定」(原題:Stranger in a Strange Land)」

補足:第1話が、スーパーナチュラルにカスティエルが登場して、10周年の記念となる。

補足:「Stranger in a Strange Land」は、アメリカ合衆国のSF作家R.A.ハインラインの小説である「異星の客(Stranger in a Strange Land)」のタイトルや、イングランド出身のヘヴィメタル・バンドであるアイアン・メイデン(Iron Maiden)の6thアルバム「サムホエア・イン・タイム(Somewhere In Time)」に収録されている6番目の曲「ストレンジャー・イン・ア・ストレンジ・ランド(Stranger In A Strange Land)」のタイトルと同じである。

補足:第1話「Stranger in a Strange Land」の放送日に、全米史上3番目の強さのハリケーン「マイケル」がアメリカに上陸。この「マイケル」という名前は、シーズン13で異次元に登場した大天使ミカエルも「マイケル」という名前で同じであった。これは偶然の一致であり、皮肉だ。

補足:第1話の米国にてのライブ視聴率は、シーズン13の第1話と比較すると低下した。スーパーナチュラルを放送しているCWは、リバーデールシーズン3も、ブラック・ライトニングシーズン2、視聴率は悪かったため、CWネットワーク全体の問題の可能性がある。

第2話「日題タイトル未定」(原題:Gods and Monsters)」

補足:第2話では、リチャード・スパイト・ジュニア(Richard Speight Jr.)が指揮をとる。

補足:ジェンセン・アクレス曰く、「再編成を始め、ミカエルにちょっとした味を加え、さらにちょっとスパイスも加え始めた」と語る。指揮をとったリチャード・スパイト・ジュニア(Richard Speight Jr.)が、それを助けたと語る。

補足:マイケル(ミカエル)は新しい軍隊のために、怪物たちを探求している。

視聴率

シーズン14の視聴率の確認は、こちらのページ(https://tvseriesfinale.com/tv-show/supernatural-season-14-ratings/)から確認できます。

日本での動画配信、Blu-ray・DVDレンタルなどに関しての情報

ワーナー・ブラザーズにおいて、2018年10月18日(木曜日)より”字幕のみ”先行デジタル動画配信が行われています。ワーナー・エンターテイメント・ジャパンの海外ドラマエクスプレスにて、シーズン14(フォーティーン)のページが公開されました。

今回配信された動画は、購入のみでレンタルはできない。

※2018年10月18日(木曜日)当日に、先行デジタル配信を、動画配信サイトで確認することはできなかった。米国での放送(木曜日放送)とあわせたのか、19日(金曜日)午前10時より、日本最速で楽天TVより配信が開始となる。価格は、高画質版486円、標準画質版432円で購入できる。

なお、ワーナー公式では「配信サービスにより配信タイトル、配信開始日が異なります」と記載されているため、動画配信サービス側の事情で調整し、配信を開始する可能性がある。

※米国での放送後、日本語での翻訳(字幕化)後の配信となりますので、エピソードが配信されるまでに数日はかかります。

※日本語吹き替え版の配信に関しては、Blu-ray&DVD販売・レンタル開始が行われると同時に配信される可能性があります。予想としては、2019年秋頃ではないかと思われます。

Q&A

Q.シーズン14で、ファイナル・シーズン(最終回)なのでしょうか?

A.2018年10月現在のところ、「シーズン14で”ファイナル・シーズン”である」と確定した情報はありません。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴで開催された「2018 Comic-Con International: San Diego」にて、ジェンセン・アクレス(Jensen Ackles)が、シーズン14のエピソード数が減った理由について、生活の質のために、2回のエピソードを削り、2ヶ月半の休憩を取るためだと語る。休憩を取ることで、余裕が作られ、番組(ショー)がうまく行くと語る。これにより、シーズン14で終了・打ち切りになることはない。

また、ジェンセンは、各シーズンを余裕(休憩)を費やすことで、何年間も番組(ショー)を続けていくことに役立っているのだと語る。

(参照:https://www.tvguide.com/news/supernatural-season-14-shorter-jensen-ackles/

Q.シーズン13の最後で、ルシファーが死にましたが、シーズン14で復活することはある?

A.ルシファーは本当に死んだため、復活することはない。しかし、ルシファー役のマーク・ペルグリノ(Mark Pellegrino)は、ルシファーの器としてではなく、器となる前の”ニック”として不定期なゲスト出演をする予定です。

Q.シーズン14では、ガブリエル(リチャード・スパイト・ジュニア)は、登場しますか?

A.可能性としては低いです。シーズン14の第2話「Gods and Monsters」と第6話「Optimism」で、リチャード・スパイト・ジュニアは、脚本・監督(Director)を行っていますが、このエピソードでの登場する可能性は低いです。

■フェイスブックページ

■インスタグラムページ

Instagram

    下のソーシャルボタンで、友達・知り合いなどに情報を共有する・知らせることができます。ご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
シーズン14(フォーティーン・シーズン)

海外ドラマ「スーパーナチュラル」のシーズン14(フォーティーン・シーズ

no image
マーク・シェパード(Mark Andreas Sheppard)

マーク・シェパード(Mark Andreas Sheppard)は、英

no image
クラウリー(英語:Crowley)

クラウリー(英語:Crowley)   種族:十

no image
シーズン15(フィフティーン・シーズン)

海外ドラマ「スーパーナチュラル」のシーズン15(フィフティーン・シーズ

no image
ジャック(英語:Jack)

ジャック(英語:Jack)   種族:ネフィリム

→もっと見る









  • Twitterやってます。

PAGE TOP ↑